津島事務所お問い合わせ

0567-23-2377

受付時間 平日9:30から17:30まで

MENU

津島事務所

0567-23-2377

受付時間 平日9:30から17:30まで

弁護士コラムColumn

自己紹介

2019年4月16日 津島事務所 弁護士 長沼寛之

 弁護士法人愛知総合法律事務所津島事務所の弁護士の長沼寛之と申します。
 私は、平成31年2月から津島事務所で執務しております。津島事務所に来る前は、丸の内事務所におりました。
 岐阜県の大垣市出身であり、津島はあまりなじみのない場所ではありますが、よろしくお願いいたします。

 津島事務所で執務を始めてまだ2か月ほどしか経っていませんが、不動産に関するご相談や、相続に関する相談が多いという印象です。
 相続に関して、民法改正がされ、新たな再度ができたり、従前あった制度が変更されたりします。私が、司法試験に向けて勉強してきた知識が「古い知識」となり、使えないものになっていきます。元号が平成から令和へと変わろうとしているところ、時代背景や価値観の変遷に伴って、法律もまた変化します。
 弁護士は常に知識を更新していかなければなりません。経験を積めば、経験があることに油断し、根拠の確認を怠り、前と同じように処理すればよいと考える弁護士もいるかもしれません。法律や判例、また様々なノウハウは常に更新されています。新しいことに目を向け、研鑽を重ねながら、執務に就こうと思います。

 

 現在、事務所内で、民法改正に対応すべく、勉強会を実施しております。
 ニュースなどで、相続法改正の話を見て、具合的にどのような対応をとればよいか迷った際には、お気軽にご相談いただければと思います。もちろん、相続問題以外の相談でもかまいません。
 
 今後は、様々な分野の問題に取り組んでいきたいと考えております。
 先の弊所の加藤のコラムにもありましたが、労働法は特に力を入れていきたいと考えております。労働法が問題となる場面では、使用者対労働者という構図となるため、必然的に力関係に偏りが生じます。また、どのような事実を、どのように評価して主張すればよいか難しいことも多いです。
 労働は生活にしていくために必要なことなので、市民の方々への影響も大きいものです。

 専門性を高め、皆様によりよい解決を、迅速に提供できるように尽力してまいります。
 よろしくお願いいたします。

電話・面談相談初回無料相談

津島事務所

0567-23-2377

電話相談での対応可能案件

離婚・相続・交通事故・借金・刑事事件・労働・企業法務・裁判所からの書類対応

  • 利益相反禁止により相談をお断りする可能性があります。
  • 電話相談は原則当日中の対応ですが即時対応ではございません。
  • 匿名でのご相談は対応しかねます。
  • 東海三県(愛知・岐阜・三重)および浜松周辺(静岡県遠州地区)以外にお住まいの方は、面談相談でのみ承っております。
  • 土日祝のご相談は名古屋丸の内本部にて対応いたします。
    (電話:052-212-5275

最近のコラム